ブログ運営

【2019年3月】Amazonアソシエイトに2回目で審査合格!落ちてから合格までにやったこと

amazonアソシエイト2度回目の合格
KOARA
KOARA
祝アマゾンアソシエイト合格!。KOARA(@KOARAFE)です。
ユーカリくん
ユーカリくん
おめでとぉぉぉ!

2度目の申請でAmazonアソシエイト合格することができました!!

やっぱり審査通過っていうのは嬉しいものです。

審査が厳しいと評判のAmazonアソシエイト。

ブログ運営者なら少しでもはやく合格して収益を加速させたいところですよね。

今回は初心者ブロガーの私がAmazonアソシエイトに合格するために気をつけたポイントや、落ちたからこそ分かった合格するためのコツなどを紹介します。

こんな方に向けた記事です
  • これからAmazonアソシエイトに申請する
  • なかなか合格できない

Amazonアソシエイトとは?

AmazonアソシエイトAmazonアソシエイトとは、簡単にいうとAmazon.co.jpの商品を紹介するアフィリエイトのことです。

自分のブログにAmazon.co.jpの商品バナーを貼って、ユーザーがバナー経由でAmazon.co.jpの商品を購入すると、紹介者に報酬が支払われる仕組みになっています。

A8やアクセストレードのようなアフェリエイトと考え方としては近いですが、1億種以上のAmazonの商品を紹介できるのが大きな違いです。

自分のブログでAmazonの商品を紹介できるのは魅力的ですよね。

Amazonアソシエイトに合格するまで

冒頭でもふれましたが、Amazonアソシエイトに申請したのは2回。

不合格合格当時それぞれのブログの状況をまとめてみました。

【1回目】落ちた時のブログの状況

ブログ運営1ヶ月
【2019年2月 ブログ運営報告】立ち上げ1ヶ月目の記事数・PV・収支、やっとこと全部雑記ブログを立ち上げてあっという間に1ヶ月が経ちました。勢いで始めたブログですが徐々に習慣になりつつあります。兼業ブロガーの立ち上げ1ヶ月目のサイトはどんな状態なのか?この1ヶ月で書いた記事数からPV、取り組んだことなど、リアルなブログの運営状況を報告します!...

こちらの記事でも書いていますが、グーグルアドセンスに5記事で合格できました。

アドセンス合格したら、誰だってAmazonアソシエイトも通過できると思いますよね?

その勢いでAmazonアソシエイトに申請しましたが見事に不合格!!!

世の中そんなに甘くはないんです…調子に乗ったらだめなんです 笑

不合格時は記事5本、開設期間もたったの5日。

冷静に考えれば、ブログの状況からして申請するのは早すぎました。

【2回目】合格時のブログの状況

落とされるというのは精神衛生上あまりよくないので、確実に合格するため少し時間をおいてから再申請しました。

記事数

アソシエイト申請時の記事数は30記事。

ネットの体験談をみると、記事数15本前後でAmazonアソシエイトに合格する人が多かったようなので、念には念を入れその倍の記事数を用意しました。

記事の文字数

平均すると2000文字前後でした。

多くもなく少なくもなくといったところでしょうか。

さすがに平均文字数が1000文字以下だと、低品質なコンテンツと判断されてしまう可能性もあるので、平均1000以上の文字数にはしておきたいですね。

開設期間

2019年2月1日からブログを開設、合格したのが3月11日なのでおよそ40日程度。

短い人だと10日前後で合格している人もいるようですが、私の体験からすると1ヶ月程度の運用期間はあったほうがいいと思います。

更新頻度

40日で30記事なので、2,3日に1記事更新のペースでした。

比較的更新頻度は高めになると思いますが、毎日更新する必要はなさそうです。

大切なのは更新頻度ではなく、読者にとって為になる情報を書くことではないでしょうか。

他のアフェリエイトリンク

A8のアフェリエイトリンクを貼った記事がある状態で申請しましたが、問題なく合格することができました。

アフェリエイトタグがあると合格できないなんて情報を目にしましたが、誤った情報でしょう。

申請のためのわざわざタグを外す作業は不要です。

アクセス数

申請当時は日に10人きたらいいレベルのアクセス数でした…

開設1ヶ月のブログなんてそんなもんです。笑

なのでアクセス数が少なくて不安という人は安心してください!

このレベルのアクセス数でも合格できます!

Amazonの会員ステータス・購入履歴

Amazonのプライム会員だと合格しやすいのか?

私は3年以上前からプライム会員に入っており、月に1回は何かしらamazonで買い物をしています。

たしかにプライム会員のほうが合格に有利な気もしますが、Amazonがそんな回りくどいやり方をするとは考えにくいです。

また直近の購入商品をみても、このブログで紹介したいものではないため、購入履歴も合否にはそこまで関係ないのでは?と個人的には思っています。

とはいえAmazonをこれまで利用したことがないという人は、これから自分が利用するサービスなので1度買い物をしてみることをオススメします。

プライム会員も動画見放題や指定日配達などめちゃくちゃメリットがあるので、Amazonアソシエイト抜きにしても加入する価値はあると思いますよ!

【公式】Amazonプライム

Amazonアソシエイトに合格するためのポイント

1度不合格を味わっているので、合格するために何が必要なのかを徹底的に調べました。

その中でも特に重要だと感じたポイントを紹介します!

Amazonが公開している審査条件の見直し

プログラム参加申請をお断りするサイト例

申請頂いたサイトが以下に該当するような場合は、参加をお断りする場合がございます。
申請される際には、是非一度確認ください。
※以下は例示であり、これら以外にも当社が不適切と判断する場合は参加をお断りする場合がございます。
最新のAmazonアソシエイト・プログラム運営規約および参加要件を合わせてご確認ください。

== 

■ Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない
      – 長い間更新がない
      – コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

■ 身元情報が不十分である場合
      – 氏名が本名でない (姓・名のどちらかのみ、ニックネーム、サイトと関係が明確でないグループ名)
      – 電話番号が完全でない
      – アカウント情報の電話番号の初めに「+81」がついている
      – 住所が完全でない、または架空の住所である
      ※住所確認のため、Amazon.co.jpの配送先情報を確認させて頂く場合がございます。

■ リンクを使用するサイト・目的が不明瞭である場合
      – 入力されたURLに誤りがあり、サイトを確認できない
      – 閲覧規制のあるコンテンツを含み、サイト内容を確認できない
      – 他者(社)が運営するWebサイトやURLを使用している
      – サイト名やドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる
      ※SNSでこれらを含むユーザー名を利用されることもお断りしております。
      – サイト説明が不十分
      ※「test」「あああ」「商品名」のみ等は、サイト説明として不十分または不適切なものと判断致します。

■ サイト内の価格や在庫標記により、閲覧者に誤解を与える可能性がある場合
      ※「最安値」「在庫有り」等、可変的な情報には、情報取得時の日付や情報に相違が出る可能性を示す記載が必要です。

■ 法令または他者(社)の権利に対する侵害または違反がある場合
      – 著作権侵害が認められる
      ※使用許諾を得ていない画像や歌詞の転載等が含まれる場合も参加をお断りする場合がございます。
      – 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 (旧薬事法) 違反が認められる
      – その他違法な内容のコンテンツが含まれている
      ※明確な違反や侵害が確認できない場合でも、これらの事由の存在が疑われる場合には、参加をお断りする場合がございます。

■ 情報商材コンテンツ、情報商材サイトへ遷移するリンクの掲載がある場合

■ 露骨な性的描写がある場合

■ 紹介料の使用目的が寄付・支援である場合

■ 未成年の方のお申し込み

■ その他の理由で、運営規約に違反するまたは参加が不適当であると当社が判断する場合

引用元:https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t21

Amazonが公開している審査基準を再度見直しました。

身元情報についてはハンドルネームでも問題ありません。

グーグルアドセンスとも似た内容となっているので、すでにアドセンスに合格している人は大丈夫だと思います。

自分のサイトは大丈夫と過信せず、1度内容を照らし合わせてみることをオススメします。

Amazonアソシエイト・プログラムへの登録内容

登録時にある「Amazonアソシエイトで紹介したい商品についての説明(全角256文字以内)」の項目です。

アマゾンアソシエイト登録画面 webサイトとアプリの情報入力

ネットで合格した人の記事を読むと、こちらの説明内容が審査に大きく影響しているようでした。

説明のポイントは以下の3つ。

  • ブログのターゲットは誰か?
  • ブログ運営の目的はなにか?
  • どんな商品を紹介するのか?

不合格時は説明の文字数も少なく、上記内容への踏み込みがかなり浅かったですね。

合格時は制限文字数いっぱいに各要素についての説明を書きました。

合格・不合格時ではサイトの状況の違いはもちろんあるのですが、個人的にはこの説明内容をしっかりと書いたことが合格につながったように感じています。

まとめ

最後にAmazonアソシエイト・プログラムに合格したときのブログの状態について再度まとめておきます。

記事数30記事
文字数平均2000文字
開設期間40日
アクセス日に10PV以下
アフェリエイトA8のアフェリエイトタグあり

この体験談が少しでも役に立てれば幸いです!

それでは!