AdSense

Googleアドセンスで「誤クリック」を100%防ぐための設定方法

アドセンスの誤クリックを防ぐ
KOARA
KOARA
どうも。KOARA(@KOARAFE)です。

アドセンス広告表示を確認しようとして、誤クリックしてしまった経験はありませんか?

気をつけているつもりでも、なぜかクリックしまうんですよね…笑

今回は自身のサイトに表示されているアドセンス広告の「誤クリック」を100%防ぐ方法と、誤クリックをした場合のペナルティについて紹介していきます!

こんな方に向けた記事です
  • アドセンスに合格したて
  • アドセンス広告の誤クリックを防ぎたい

「Google Publisher Bar」で誤クリックを防ぐ

Google Publisher Toolbar
KOARA
KOARA
Google Publisher Bar」はChromeのプラグインです。
ユーカリくん
ユーカリくん
インストールして大丈夫なやつなの?

アドセンスのヘルプセンターで推奨されている由緒正しいものなので、安心してインストールしてください。

設定方法(30秒で完了)

1.chrome webストアから「Google Publisher Toolbar」をインストール&有効化

Google Publisher Toolbar

 

2.ツールバーのアイコンをクリック

Google Publisher Toolbarのアイコン

 

3.クリック画面の右下、「オーバーレイ」という項目を「オン」で完了です。

Google Publisher Toolbarのオーバーレイをオン

 

4.オーバーレイを設定すると、自身のアドセンス広告がこのように表示されます。(※キャプチャー)

オーバーレイされた広告

 

この状態でクリックしても、不正クリックとしてはカウントされません!

そればかりか、オーバーレイした状態で広告をクリックすると、リンク先には飛ばずに該当広告の詳細情報を確認することができます!

いままでドキドキしながら確認していたのはなんだったのか…笑

Google アドセンスで「誤クリック」しても実はOK

KOARA
KOARA
実は誤クリックしても問題ないんです。
ユーカリくん
ユーカリくん
ペナルティがありそうだけど?

Google アドセンスのヘルプ「アカウントを適正に運営する」には以下のように説明されています。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。

まさかの「ご安心ください」、これは安心するしかありません。笑

 

一方、Google アドセンスのヘルプ「無効なクリック操作の定義」では、下記のように説明されています。

無効なトラフィックとは、広告主様の費用やサイト運営者様の収益を作為的に増やす可能性のあるクリックやインプレッションのことです。無効なトラフィックには、意図的な不正トラフィックや偶発的クリックが含まれます。

無効なトラフィックの例は次のとおりです。

サイト運営者様が、ご自身のライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やすこと
1 人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やすこと
サイト運営者様がご自身の広告でのクリックを誘導すること(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェア

KOARA
KOARA
つまり、「誤」クリックはいいけど、故意や悪意のあるクリックはダメということです。

ユーカリくん
ユーカリくん
当然だよな〜

アドセンス 誤クリックの恐怖から開放されましょう!

プラグインと公式の説明を知った今、誤クリックに対する恐怖は消え去ったはずです。

これで心置きなくサイトの表示確認が行えますね!

みなさんの参考になれば幸いです。

それでは。