ブログ運営

Googleアナリティクスで海外からのアクセスを除外する方法 【1分で解決】

Googleアナリティクス 海外アクセス除外
KOARA
KOARA
どうも。KOARA(@KOARAFE)です。

ブログのアクセスが増えてると思ってGoogleアナリティクス見てみたら、海外からのアクセスが増えているだけだった…(泣)

おそらくブログ運営者なら一度は経験することではないでしょうか?

しかも海外からのアクセスの場合、直帰率が100%のパターンがほとんどなので、レポートの平均PVなどの数値が下がってしまう可能性大です。

弱小ブログにとっては非常に迷惑。笑

今回はレポートの数値を正しいものにするため、Googleアナリティクスで海外からのアクセスを除外する方法を紹介します。

こんな方に向けた記事です
  • これからGoogleアナリティクスを設置する
  • 海外からの謎のアクセスが増えている

Googleアナリティクスでの海外アクセス除外方法

KOARA
KOARA
ネット上でいきなり「フィルタ作成」から進める情報を目にしますが、そのやり方は間違っています!!
ユーカリくん
ユーカリくん
なんやて!

フィルタを作成する場合、既存のビューである「すべてウェブサイトのデータ」をマスターデータとして残しておくのが正しい方法となります。(Google推奨)

一度フィルタを適応してしまうと、適応した期間のデータは後から修正することができません。

すべてウェブサイトのデータ」にフィルタを設定してしまうと、マスターデータを失うことになってしまうのでご注意ください!

なので今回は「ビューの作成」から「フィルタの設定」までを解説していきます。

フィルタ用のビューの作成

Googleアナリティクス 管理

まずはGoogleアナリティクスのレポート画面の左下にある「管理」を選択。

 

Googleアナリティクス 新規ビューの作成

画面右上にある「+ ビューを作成」を選択。

 

Googleアナリティクス ビューの作成

フィルター適応」などのビュー名前つけて「ビューを作成」をクリックでビューの作成は完了です。

 

海外アクセスの除外フィルタの作成

Googleアナリティクス ビューの変更

Googleアナリティクス管理画面上のビューを作成した「フィルタ用のビュー」に変更。

 

Googleアナリティクス フィルタを追加

ビューのフィルタから「フィルタを追加」をクリック。

 

Googleアナリティクス フィルタ作成画面
  1. 【フィルタ名】海外アクセスの除外(※自分が分かりやすい名前でOK)
  2. 【フィルタの種類】カスタム
  3. 【フィルタのタイプ】一致
  4. 【フィルタフィールド】
  5. フィルタパターン】Japan
  6. 保存」をクリック

 

こちらでフィルタの作成作業も完了となります。

お疲れ様でした!

フィルタ設定後すぐに反映されてない場合があるので、すこし時間をおいてから確認するようにしましょう。

フィルタ設定前のデータについて

「フィルタを設定したのに、過去のアクセスに海外のものが含まれている」

Googleアナリティクスでは、フィルタ設定前のデータを変更することはできません。

Googleアナリティクスに限らず多くのアクセス解析ソフトも同様の仕組みのものがほとんどです。

なのでフィルタ設定前の海外アクセスデータについてはそのまま残る形となります。

なぜ海外からアクセスがくるのか?

どうして海外から自分のサイトへアクセスがあるのか不思議に思いませんか?

海外からのアクセスの多くはリファラスパムと考えて間違いありません。

リファラスパムとは

アクセス元を確認する人をスパムサイトに誘導するために、スパムサイトからサイトに足跡を残す悪質な行為のこと

リファラスパムはサイトにとって害しかないので、早めにGoogleアナリティクスで除外設定をすることをオススメします。

まとめ

Googleアナリティクスは追加したけど、今回の海外からのアクセスの除外設定をしていなかったという人は意外とおおかったのではないでしょうか。

ブログは日々のアクセス解析も重要な作業です。

こうした便利な設定は積極的に取り入れていきたいですよね。

またいい設定を発見したらブログで紹介していきたいと思います。

それでは!