引越し

引っ越しの荷造りに必要なオススメの梱包資材・道具10選とAmazonでお得に購入する方法

引越しの荷造りをする女性
KOARA
KOARA
引っ越しが無事に終わりホッとしているKOARA(@KOARAFE)です。

転勤が多い仕事でもない限り、引っ越しはそうそうするものではありませんよね。

なので、「いざ引っ越し」となっても何を準備していいかわからないもの。

特に荷造りの時には「あれがない、これがない」となりがち…

これまでに6回以上も引っ越しを経験している私が、実際に買ってよかったと思う荷造りアイテムを紹介していきます!

Amazonでお得に購入できる方法も紹介するので最後までご覧ください。

こんな方に向けた記事です
  • 引越しの荷造りを少しでも楽にしたい
  • 荷造りに必要な道具を知りたい

絶対に用意したい!引っ越しの荷造り道具 8選

KOARA
KOARA
荷造りは引っ越しの1週間前くらいから少しずつ始めていきます。

しかし生活している以上、どうしても引っ越しギリギリになってしまうことが多いです 笑

すでに引っ越し日が決まっている方は早めに荷造り道具を用意しておくことをオススメしますよ!

多めに用意しておきたい「ダンボール」

ダンボールは引越し業者があらかじめ送ってくれるものですが、当初の読みが外れて足りなくなることがあります。

引っ越し直前で気がつくと用意するのが難しいんですよね…

引越し業者から送られてきたもの+5〜10枚程度のダンボールあると、荷造りも安心ですよ。

メモ書きには「マッキー(油性ペン)」

ダンボールに何が入っているのかメモを残す必要がありますよね。

そんな時はみなさんお馴染みのマッキーです!

100円ショップの油性ペンだとインクの出が悪く、きれいに書けないことがよくあります。

ロングセラーのマッキーですからインクが出なくなる心配はありません。安心感が違いますね。

特にオススメなのが最近登場したマッキーワークです。普通のマッキーと何が違うのかというとフタの部分にガムテープを着るためのオープナーが付いているのです。

「中身なんだったけ?」と思った時にすぐに開いて確認することができますよ!

家具の分解には「六角棒レンチ」と「ドライバー」

最近は組み立て式の家具も多く、引越し時にはそれらを分解しなければいけない場合もあります。

よくあるのは、組み立て時につかった工具がなくなっていること。分解することを考えずに捨ててしまっている方も多いはず。

そこで用意しておきたいのが六角棒レンチドライバーセット

この2つがあれば家にある家具の分解には困らないでしょう。

引越し後には組み立て作業が待っているので、この機会にちゃんとしたものを揃えてしまうのも有りですよ。

壁紙・クロス補修には「穴うめ職人」と「クロス型取りなおし」

部屋がどんどん片付いていくと見つけてしまうのが壁紙の「」や「はがれ」。

賃貸の壁紙は一部でも傷があると1面張替えになるケースもあるため、修繕費用もバカになりません。できれば賃貸業者との立会い前には修繕しておきたいですよね。

そこでオススメなのが「穴うめ職人」と「クロス型取りなおし3点セット」。

穴埋め職人は画鋲などで空いてしまった穴を完璧に塞ぎ、クロス型取りなおし3点セットでは壁紙の剥がれや傷を簡単に修復することができます!

2つ買ってもたったの1500円以下ですから、修繕費をとられると思えば圧倒的にお得ですよね。私もすごく助かりました!

陶器やお皿の梱包時にたっぷり使える「緩衝材」

緩衝材というとあのプチプチをイメージするかも知れませんが、私のオススメは紙のタイプのものです。

お皿や割れ物をしっかり梱包しようとすると想像以上に緩衝材が必要になります。紹介する緩衝材は10kgもあるため量を気にせずにしっかりと梱包することが可能。

インク未使用の紙のため、余ってしまってもペットシート揚げ物用の油取りなどいろんな用途に使用することができます。

粘着力高めな「布ガムテープ」

ガムテープには紙製と布製の2種類がありますが、オススメなのは布製のガムテープです。

1番の理由はなんといっても粘着力。パンパンの段ボールでもしっかりと閉めることができます。

さらに布ガムテープなら上からインクでメモを書くことができますし、真っ直ぐきれいに切ることができます。

剥いだり剥がしたりをしていると意外と消耗してしまうことがあるので2個くらい用意しておくと安心ですよ。

手を守る「作業用軍手」

荷造りで注意したいのが「手の怪我」です。

カッターやハサミの怪我から手を守るためにも防刃機能のついた軍手がオススメです。

通気性や吸水性も備わっているので快適に作業することができますよ

安全で使いやすい「セラミック段ボールカッター」

荷造りででてくるのが使い道のない箱やダンボール。

普通のカッターやハサミで分解しようとすると切れ味が悪くイライラするんですよね…

このセラミック段ボールカッターは、分解専用のカッターのため力を入れることなく安全に段ボールや箱を分解することができます。

まとめ

荷造りはきちんと道具を揃えておくと作業効率がグッとアップしますよ!

今回紹介したのは私が実際に使用し、活躍してくれたものばかりなので安心してご利用いただけるはずです。

めんどくさい引っ越しの荷造りを少しでも楽に済せましょう!

ちなみに引越し業者選びでお悩みの方はこちらの記事をどうぞ↓
私が5回もリピートしているEC引越しセンターさんについて紹介してあります。

引越し 車
【体験レビュー】東京の格安引越し業者なら「EC引越センター」がおすすめ!口コミ・評判も調査東京で引越し業者に悩んだら「EC引越センター」がおすすめ!私自身4回も引越しを依頼しています。引越し業者の人気ランキングなどにはでてこない穴場の引越し業者さんですが、格安でプロの仕事をしてくれます。そんなEC引越センターの魅力を紹介します。安くて安心できる引越し業者をお探しの方必見です!...