wordpress

WordPressでサイトを作ったら!まずはやっておきたい自動更新の停止設定

ワードプレス自動更新 停止
KOARA
KOARA
どうも。KOARA(@KOARAFE)です。

WordPressって気がつくと更新されますよね。笑

2019年3月には最新バージョン「WordPress 5.1.1 」がリリース。

どんどん更新されていくのはセキュリティ向上にもなるのでとてもいいことですよね。

しかし、ワードプレスが更新されると恐ろしいことが1つ…

それは使っていたプラグインが動かなくなってしまうこと。

更新してから気づいても後の祭りです。笑

こんな後の祭りにならないためにおすすめしたいのが、ワードプレスの自動更新の停止設定

自動更新の停止設定は1分もあればできるので、まだ設定していない方はサクッと設定してしまいましょう!

こんな方に向けた記事です
  • WordPressでサイトを作ったばかり
  • 気がつくとワードプレスが自動で更新されている

知っておきたいWordPressの自動更新の仕組み

WordPressのバージョン表記って「5.1.1」などの3つの数字からできていますよね。

実はこの数字ちゃんと意味があります。

1番左の数字は「メジャーバージョン」。

メジャーアップデートされる時は、デザインや機能に大きな変更が発生します。

2番目が「マイナーバージョン」。

メジャーほどではありませんが、マイナーアップデートが起きると追加機能や仕様が変わったりします。

3番目は「ビルドバージョン」。

ビルドバージョンのアップデートは、主に細かい不具合やセキュリティ面の改修となります。

ワードプレスのデフォルトの自動更新は、3番目の「ビルドバージョン」のみが更新されるようになっています。

細かなアップデートではあるのですが、それでもプラグインに不具合が起きる可能性は0ではありません。

サイトがおかしくなってバックアップファイルから復元する…なんてことにならないよう、自動更新の停止設定は早めにしておきましょう!

WordPressの自動更新を停止する設定

KOARA
KOARA
FTPでサーバーにアクセスする必要があります
ユーカリくん
ユーカリくん
管理画面からできないんかーい
KOARA
KOARA
でもすぐにできるから安心して。

まずはFTPソフトでサーバーにアクセスしてください。

WordPressをインストールしているディレクトリにある「wp-config.php」を選択。

wp-config.php」のファイル内に以下のコードを1番下に追加してください。

define('AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true);

 

あとは編集したファイルをサーバーにアップして完了です。

おつかれ様でした!

自動更新が停止されたか確認する方法

管理画面の左側メニューにある「ダッシュボード」 > 「更新」をクリック。

自動更新を停止する前の表示はこちら↓

ワードプレス管理画面 自動更新

自動更新を停止した後の表示はこちら↓

ワードプレス管理画面 自動更新

「今後のセキュリティ更新は自動的に適用されます」という文章が消えていれば成功です。

WordPressの更新は慎重に

自動更新の停止設定はしましたが、WordPressを外部の攻撃から守るためにもできるだけ更新はしておいた方が良いです。

更新通知がきたらすぐにアップデートするのではなく、少し時間をあけ情報が出てくるのを待ちましょう。

プラグインなどとの互換性が問題ないことが分かったタイミングで更新するのがベストですよ。

まとめ

ワードプレスに不具合が起きると記事を書くどころではなくなってしまいます。

日頃から更新やメンテナンスを意識して、問題のないサイト運営を心がけたいですね。

それでは!