ブログ運営

関連コンテンツに広告を出したい!それならx-lift(クロスリフト)がおすすめ

x-lift
KOARA
KOARA
どうも。KOARA(@KOARAFE)です。

突然ですが、アドセンスの「関連コンテンツユニット」が開放されずにモヤモヤしていませんか?笑

関連コンテンツユニット」は、ある程度のPV・記事数がないと開放されないんですよね。

噂では1万PV/月間以上 or 100記事以上とか…(泣

この条件は無理だけど、「関連コンテンツに広告を出したい!」と思っている人はきっと多いはず。

そこで今回は、関連コンテンツユニットの代わりとして使えるサービス、x-lift(クロスリフト)の申請から導入方法までを紹介していきます!

こんな方に向けた記事です
  • 少しでも広告収入を増やしたい
  • アドセンスの関連コンテンツユニットが未開放

x-lift(クロスリフト)って?

株式会社インタースペースが運営している広告配信のプラットフォームです。

x-lifrの説明

引用:https://www.x-lift.jp/

 

x-liftの内容は公式動画でわかりやすく説明されています。(約2分)

 

ちなみに株式会社インタースペースは、アフェリエイトおなじみの「アクセストレード」を運営している会社さんなので、x-liftも安心して利用することができます!

申し込みから審査・導入までの流れ

公式サイトから申し込み

【x-lift申し込みフォーム】https://www.x-lift.jp/media_contact_form/

まずはこちらから申し込みを行います。

サイト情報、連絡先を正しく入力しましょう。

審査

明確な審査基準はわかりませんが、申し込みフォームの項目にあったPV数が審査に影響してる可能性が高そうです。

弱小丸出しのPVだったので落とされるかと思ったのですが、無事合格

アドセンスやアマゾンアソシエイトに比べると審査基準はそこまで厳しくなさそうです。

合否結果が出るまでの期間

申し込んでからわずか1日後に合格のメールが届きました

めちゃくちゃ早い!笑

テスト・表示調整

合格すると、広告タグとテスト環境のURLが支給されます。

テスト環境にてタイトルの文言や表示を確認することができます。

配信

テストで表示の確認ができたら、支給された広告タグをサイトに追加しましょう。

ちなみに、WPテンプレートのJINを利用中の場合はこちらにタグを追加して完了です!

jinの関連コンテンツユニット

サイトにx-liftを入れてみた

実際の表示はこんな感じ↓(※キャプチャー)

x-lift表示イメージサイト記事と広告記事がいい感じに混ざっていますね〜

これは収益化に期待ができそう!

関連コンテンツを使いたければx-liftを使ってみよう!

KOARA
KOARA
収益化の選択肢の1つとしてx-liftありではないでしょうか!?
ユーカリくん
ユーカリくん
ありあり

ブログを始めたてで、少しでも収益を拡大させたい人にはピッタリのサービスだと思いますよ!

まだ導入したてなので詳しいデータはありませんが、CTRや収益額なんかが分かってきたら報告したいと思います。

それでは!